お知らせ

2017/02/27必要なものは何もない世界

.

「この世界は、必要なものは何も無い世界です。」
.
生まれてくる時 西埜さんは内なる存在さんからこう言われたそうです。
.

必要なものが 無いだって? なんというところだ!

そんなところで生きていかなくちゃならないのかと、がっくりしました。

.

そして時が経ち、すっかり大人になったある日、今度はこう尋ねられました。

「何か 必要なものは ありますか?」

.

「いや、別にないよ。」と答えると

「必要なもの ありますか?」と再び聞いてくるので、

「いや、ないよ。」と答えます。

そんな問答が続いたあと、
また、同じことを聞いてくるので、また答えました。
.

「いや、ないよ、やりたいことはやればいいし、その時間もやり始めると上手い具合にちゃんと生まれる。道具や材料は身の回りにあるものを使えば何とでもなるし、それをするのに必要なアイデアも湧くし、情報もちゃんと来る。
だから、必要なものは 何も無いよ。今ここで要るものは、全部足りているから。」

.
こう言ったところで、ついに気づきました。
.
あ、最初に言われたあれは、こういうことだったんだ!

なんと、この世はじつに、足りないもの、必要なものなんてない、今此処で自分に必要なもの、必要な体験、なにもかもがすべて足りている、そういう世界だったんだ!
.
(西埜さん口述 より)
.
.
・・・この話を最初に聞いてからピンとくるまでに時間がかかりましたが、本当に此処はなんというところだ!と嬉しい意味で驚くことが続くうち、次第に腑に落ちてきました。
.
.
人は、〇〇が必要、と思う時、同時に〇〇が足りない、という発振をしています。そして、それを解決する手段に走ることで、足りないという情報を強化して現実化しています。知らず知らずのうちに。
.
必要なものは何もない世界であることを思い出す時、不純がどんどん抜けて、今・此処に定まり、心身一如の安心でクリアな状態に戻っていきます。



.